のんき者になりたい。
by compact-pussycat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カフェT.K.G

正月休みになりました(笑
平日の”こっそりツーリング”に出ました。


今日のコースはこんな感じ。
d0080356_20345036.png
地図使用に問題があれば削除します。



中央環状線経由で葛西から湾岸線に抜けるつもりでしたが、渋滞で9号深川線経由(箱崎・辰巳経由)に。湾岸線を東進して千葉周りの方が安上がりですが、
”Time is Money” (←意味が違う^^)
で、物事をお金で解決する悪い大人になりまして^^; アクアライン経由で目的地に向かいます。




東京湾を渡って圏央道の高滝湖PAでトイレ休憩。ガラガラに空いているのが気に入りました。定宿(常宿)ならぬ定PAにしようかしら(^O^)
d0080356_20355367.jpg


降りる予定の市川鶴舞ICはもうすぐ先なので屋根を開けて出発。一般道に降りれば目的地はもうすぐです。




丘の上に電車が見えれば目的地の”ポッポの丘”に到着です。
d0080356_20362822.jpg


平日なだけあって広い駐車場は駐め放題。
d0080356_20365909.jpg



d0080356_20372964.jpg


見上げれば白い機関車
d0080356_20380085.jpg
塗りなおし中ですね^^



聞けば鶏卵牧場の社長が個人的に買い集めた国鉄・私鉄の車両を無料公開しているそうで、懐かしい車両を見て回るだけでも楽しいです。
d0080356_20392439.png



”ポッポの丘”の鉄道車両も価値ありですが、もう一つの目的がこちら。”カフェT.K.G”です。
d0080356_20400184.jpg
たまご「がけ」ごはん、なら”T.G.G”じゃないか?というのは置いといて(笑



鶏卵牧場というだけあって、卵かけごはんがいただけます。
食堂は電車の中。丘の上からの車窓がまた気持ち良いです。
d0080356_20405816.jpg
d0080356_20411310.jpg
d0080356_20412661.jpg



車両見学が無料の代わりにお土産を買ってくださいとあるので、売店へ。路面電車の中が売店になっています。
d0080356_20420356.jpg



お土産に玉子といすみ鉄道協賛のレトルトカレーと銚子電鉄協賛のぬれ煎餅を購入。
d0080356_20424150.jpg



無料公開で展示車両を維持するのもお金がかかるので募金箱にいくばくかの寄付をしておきました。


正月休みの初日はこんな感じ^^



























[PR]
# by compact-pussycat | 2017-02-14 20:43 | 鉄分

初体験

要塞とか人妻とか、なかなか借りられないものもありますが、便利な世の中になったもので最近は色々なものを貸してくれます。


そんなわけで悪友T氏に行こう行こうと誘われていた「貸しレイアウト」に行ってみました。「レイアウト」は鉄道模型を走らせることができるジオラマのことで、鉄道模型業界の独特の用語ですね。



お邪魔したのは東京の瑞穂町にある「ファインクラフト」さんです。
d0080356_22134204.jpg


貸しレイアウトですから走らせる車両を持っていかないといけないのですが、電車移動の私は運びきれませんのでT氏からのリクエストがあったブルートレイン一編成だけを持って行くことにしました。


T氏は愛車のデミオ君ですから荷室に満載かと思いきや、昨日自宅で大選抜大会をしたとかで6編成ほど。2時間レンタルのつもりですからこのくらいで充分でしょう。


ところが合流した時に曰く、客車は持って来たのに機関車を忘れたとか。大選抜大会が台無しです(笑
T氏の客車は私の手持ちの機関車でなんとかするとして(専用の機関車でないのでちぐはぐ感が出ますがこれも模型ならではということで^^;)、T氏には持って来た電車の運転をしてもらいましょう。


d0080356_22142991.jpg
d0080356_22143236.jpg
d0080356_22144393.jpg
d0080356_22144798.jpg
d0080356_22152356.jpg
d0080356_22153610.jpg
d0080356_22155247.jpg
d0080356_22164503.jpg



さすがに平日だけあって、お店は空いていて延長も自由自在といった感じでしたが、手持ちの車両も少ない(T氏が忘れて来たし)ので、2時間で充分堪能しました。(2時間1,200円。最大9時間で4,800円ですが、過去には9時間遊んだ強者もいたそうです)



貸しレイアウトデビュー戦でした。
風景(ジオラマ)の中を走らせると雰囲気があって良いですね。
店主のおじさんもイイ感じの人でしたし、楽しかったです。
そんな一日。













[PR]
# by compact-pussycat | 2017-02-07 22:17 | 鉄分

献花

私が昔から嗜んでいる趣味のうちに「鉄道模型」があります。
中断していた時期もありますが、幼稚園の時期にNゲージに触れて以来、模型メーカーの「KATO(関水金属)」さんにはお世話になっています。


そんな「KATO」さんですが、先日創業者の加藤祐治さんが亡くなられたことを知り、総本山(本社ショールームのことをKATO信者がそう呼んでいます)に供花台が設置されるというので、悪友T氏と献花してきました。


d0080356_20532648.jpg
故人が好きだったという京急電車の前で



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<企業概要>
1957年に加藤祐治によって創業された関水金属彫工舎を前身とする。関水金属は鉄道模型専業であり、直流二線式のNゲージおよびHOゲージ・16番ゲージの車両、線路、ストラクチャー・アクセサリー、制御機器などを製造する。日本国内向け製品だけでなく外国向け製品も製造し、輸出比率は事業の3割を占める。日本向け製品は子会社の株式会社カトーを、アメリカ向け製品は、現地法人KATO USA (KATO U.S.A.,Inc.) を通して発売される。ヨーロッパ向け製品は、現地メーカーからの受注生産という形態で製造を担当している。

<沿革>
創業からNゲージ製造開始まで
加藤祐治は1949年に交通博物館で開催された鉄道模型コンクールにおいてHOゲージの車両が入賞したことがきっかけとなり実家の加藤金属(世田谷)から独立し1957年8月、東京都文京区関口水道町に鉄道模型用金属部品工場を興し、この地にちなんで関水金属彫工舎と名づけた。当初はドロップフォージングにてHOゲージの台車枠などの部品を他社向け(アトラス工業、天賞堂、カワイモデル、カツミ模型店、つぼみ堂模型店、アカネ、トビー)にOEM生産していた。
加藤は1960年代初頭、普及型鉄道模型の量産を計画し、小型鉄道模型の構想・開発に着手した。当初TTゲージ(1/110・12㎜ゲージで制作)のC50を試作したが鉄道模型趣味誌 (TMS) 主筆であった山崎喜陽のアドバイスで、1964年にはNゲージ完成品分野への進出を正式に発表し、翌1965年に射出成型によるプラスチック製の国産初の本格的Nゲージ製品として 国鉄C50形蒸気機関車とオハ31形客車が発売された。当時は、小型模型に適したモーターやネジ等の部品がなく、工作機械も未整備だった黎明期に独自の設備と技術の自助努力によって模型を作り上げた。

(Wikipediaより)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本のNゲージの黎明期から活躍された方で、「日本のNゲージの父」とでも言える人です。この方が居なかったら私の趣味も変わっていたことでしょう。
今頃は三途の川の向こうで、同じく故人となった山崎喜陽氏と模型談義でもしているでしょうか。




さて、
献花も終えましたので、いつものように秋葉原に行ってみます。
d0080356_20533279.jpg
人出が多くて休むところが無くて疲れました。(°_°)




今日の収穫。
d0080356_20533753.jpg
島根県人の奥さんにウケるかと思いまして(ウケました^^)


ここは故人を偲んでKATOの製品を買って来るべきところなのでしょうが(苦笑











[PR]
# by compact-pussycat | 2016-12-11 20:57 | 鉄分

願いを叶える不思議なリスト?

巷ではこういうのが流行っているのでしょうか?
回ってきたのでやってみます(笑

============================
願いを叶える不思議なリスト


ペンと紙をご用意下さい。
そして約束してください。
絶対に先を読まず、1行ずつ進む事を。
先を読むと、願い事が叶わなくなります。


準備はよろしいですか?。
でわ、始めます(^^)。
1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。

2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。

3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。
必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。



必ず、1行ずつ進んで下さい。
先を読むと、なにもかも無くなります。

4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。
これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。

5)最後にお願い事をして下さい。



書き終わりましたか?(^^)。

さて、魔法のゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


これを読んでから、1時間以内にブログや日記に貼り付けてみましょう。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。

============================

妙に当たっているような、いないような(@_@)
どちらに転んでもそれなりに通じる、みたいな設問の作り方なんでしょうけど、そこは考えないで遊んでみましょう。


好きだけど叶わぬ恋の相手?(笑


[PR]
# by compact-pussycat | 2016-12-08 00:12

リニア試乗

『面倒なこと「その2」』を2日後に控えた11月10日(笑特急「かいじ107」に乗るべく新宿駅に居ました。



【私が乗るのはサロハの「ハ」のほうです】※ロは二等車、ハは三等車
d0080356_21555993.jpg


その『面倒なこと「その2」』は社内試験なわけですが、それを目の前にしてこんなことをしていて良いのか?という疑問はさておき(だってこちらの用事が決まる方が先だったんですもん)、山梨県まで出かけて来ました。


大月駅からはバス。
d0080356_21565371.jpg
山梨県立リニア見学センターに到着しました。目的地は隣の山梨実験センターです。


【体験乗車会場入口】
d0080356_21574482.jpg
抽選が当たったのは第5便(15:25発)です。時間があるので見学センターの展望ラウンジに登って、一つ前の第4便の写真を撮っておきました。


【Maglev L0(エルゼロ)系】※Maglev = magnetic levitation 磁気浮上の略
d0080356_21580610.jpg
第4便の走行シーンを見学しますが、目の前を通り過ぎるのがあまりにも早いのでシャッターチャンスをモノにできずorz
あとで第6便をコンデジで撮ったらこんな具合。


【第6便】
d0080356_21583549.jpg


展望ラウンジにはモニターがあってどこを走っているのか教えてくれます。

【モニター】
d0080356_21585740.jpg
さて、第5便の受付が始まり、列に並ぶと記念撮影の列でした(爆記念写真は要らなかったのですが「せっかくですから」と係の人に言われて写真に収まったのがコレ(笑

【童心に帰る?】
d0080356_21592256.jpg
手荷物検査を済ませて金属探知器のゲートをくぐります。それから搭乗券の発券です。


【搭乗券発券機】
d0080356_22000944.jpg
予約番号と電話番号を入力するのですが、電話番号を間違えてやり直し(恥
ゲートを通って待合ロビー、じゃなくて説明会場に入ります。

【搭乗ゲート?】
d0080356_22005433.jpg
座席は出席番号順ではなく、搭乗券の座席番号順です。
説明のパネルがあってちょっとお勉強。
JRのリニア(Maglev)は10cm浮きます。(上海リニアは常電導磁石で1cm)
線路の床面には磁石はありません。(側壁浮上方式)


ここで若干のレクチャーがあって、いよいよ搭乗口へ。金属探知器とか搭乗券とか搭乗口とか第何便とかいちいち飛行機ちっくです。


【待合ロビー(違】
d0080356_22012812.jpg
【さぁいよいよ】
d0080356_22014862.jpg
【ボーディングブリッジ】
d0080356_22021113.jpg
【座席】
d0080356_22023102.jpg
【車内】
d0080356_22024844.jpg
さて出発ですが、もう一度モニターの図を見ながらお話ししましょう。
d0080356_22030683.jpg
実験センターから乗車しますが実験センターは42kmちょっとある実験線の28km地点くらいにあります。発車するとまずは東京方面(←←←)に進んで35kmくらいの地点まで行きます。ゆっくりと、というわけではなく、この距離でも285km/hを出します。


JRのリニア(Maglev)は「電磁誘導方式の誘導反発方式」というものらしくて、なにやら難しくてよくわかりませんが速度が上がらないと浮上しません。なので低速走行用にゴムタイヤの車輪が付いています。このタイヤも550km/h走行時から接地しても耐えられる優れものだとか。


150〜160km/hくらいで浮上、140kmくらいに速度が落ちると車輪走行に切り替わるようです。車輪走行時のゴロゴロという音がフッと消えるので浮上走行に切り替わったのが体感できますが、いちいちアナウンスが入るので気がつかなくても教えてもらえます(笑


だんだん速度が落ちてタイヤが接地して停車したと思ったらそこで向きを変えて大阪方面の0km地点を目指してスタート(→→→)。座席を回転させるわけではないので、後ろ向きに進んでいますが、ここで500km/hを出します。


500km/hで走行していてもおっかないと思うようなことは全くなく、車内で歩き回っていても全く問題ないレベルですが、そこは実験線の体験乗車、500km/hのモニタ表示と一緒に写真を撮ろうと立ち上がった人が「座ってください」と注意を受けていました。


大阪方面の終点に着くと、今度は前向きに東京方面の42km地点を目指してGO!(←←←)車内のディスプレイ表示では502km/hを記録しました。

【本日最高速】
d0080356_22032880.jpg
終点まで行くと実験センターに戻ります(→→→)。
ここでも320km/h。新幹線はこのくらいのスピードなんですよ、ということでしょうか。ただ比べようとしてもトンネルの中なので速度感が全くわかりません(笑


行ったり来たりして乗車時間は30分くらい。あっという間に終わってしまいました。浮上走行というのでさぞ静かなのだろうと思いきや、揺れますし騒音もうるさいし耳ツンもあります。試験車なのでそのあたりは営業時までに改善されるのでしょう。けれども現在のところは新幹線のほうが揺れがなくて静かに思えます(速度域が全く違いますが)。



思わぬ形でリニアの試乗が叶いました。『面倒なこと「その2」(=社内試験)』が控えていましたが、そんなことよりもずっと有意義な経験になったと思います (^_^;)



帰りの電車まで時間に余裕がありましたので、山梨県立リニア見学センターの「どきどきリニア館」のほうも見学してきました。


【どきどきリニア館】
d0080356_22035094.jpg
d0080356_22040207.png
これまでのリニア試験車の模型も並んでいて、左上の写真のML100の頃は鉄道100年のイベントがあって私は5歳でした。(100周年で「ML100」なんですね)
それから幾星霜、技術は進展し実現はもうすぐです。


超電導を使った強力な磁力で10cm浮上させる。地震が多い日本ならではの気配りとそれに対応する技術。それを鉄道としてここまでまとめ上げて来た技術はもう実用段階ですごいです。
d0080356_22043581.jpg

[PR]
# by compact-pussycat | 2016-11-12 22:09 | 鉄分

秋の気配とトロッコ列車

青春18きっぷは、JR全線の普通列車、快速列車が5日間分乗り放題となる、期間限定の乗車券である。



18きっぷという名称ですが、年齢制限は無く、おじさんでも使えます。

期間内であれば連続で5日間使っても、飛び飛びで合計5日間使っても、1人で5日分使っても、5人で1日分にして使っても良いのですが、切符は1枚なので複数人で使う場合は、同一行程でないといけないので使い勝手が悪いです。



先日の南海汐見橋駅、近江鉄道に行く時も使ったわけですが、悪友T氏が買い込んだ18きっぷが余っているというので、1日だけのショートトリップに出かけてきました。



そんなわけで同一行程でないと使い勝手が悪い切符なので、私のJRの乗り換え駅までT氏に迎えに来てもらいました。


上野駅から東北本線(宇都宮線)の普通列車に乗ります。上野東京ラインができるまでは上野始発で必ず座れたものですが、今は東京を越えて遠く国府津からくるので座れるかわからないのが困ります。今日は日曜日ですが、遠距離通勤をしている人には死活問題でしょう。まったくJRも罪なことをしてくれたものです。


もっとも東海道線と東北・高崎線の直通運転(上野東京ライン)は「直通運転した方がお客にとっても便利だろう」なんていう親切心での施策ではなくて、「田町にある電車区、客車区、機関区を廃止して、土地を売って儲けよう」という施策ですから、遠距離通勤のお父さんのことなんか考えてくれるはずもないのですが。




閑話休題




さて、古河で後から来る快速に乗り換えて、宇都宮で日光線に乗り換えます。私の小学校の修学旅行は日光で、同じ市内の複数の小学校合同で修学旅行電車を仕立てて日光に向かったものです。どこに泊まったかなんて忘れてしまっていますが、宇都宮の駅で止まっている時に窓から東北線の特急電車を眺めていたのは覚えています。



【日光線】

d0080356_17522717.jpg


修学旅行の時は随分遠いところまで来たなぁという思いがありましたが、40年後の今は各駅停車で来ても案外早いものです。浅草から東武特急で2時間かからないですから近いもんです。



日光の駅では、新宿駅発の特急が栗橋から東武線に乗り入れをする運行を始めたのでJRの特急が東武線を走ってきます。JRの日光駅は各駅停車しかきません。昔は国鉄も日光まで特急を走らせて東武と真っ向勝負をしていたというのに日光線のこの凋落ぶりはなんでしょう。



【日光駅】

d0080356_17530609.jpg


T氏が「修学旅行の時はこっちを通ったよね」と臨時改札口を指差します。往時とは時代が違いますが、現在でも臨時改札口を使うほどの利用者がいるのでしょうか。ですがレトロ調の駅舎を建て替えたりしないところで良しとします。



【バス】

d0080356_17533307.jpg



日光の駅からバスで日足トンネルをくぐり、足尾方面に向かいます。ミニバスですが意外にも満員でした。終点までは乗らずに間藤駅で途中下車。ここから「わたらせ渓谷鉄道」に乗ります。がその前にT氏の趣味を満足させないといけません。もうお分かりのことと思いますが(笑)、廃止された足尾本山までの廃線跡の調査をします。



もともとわたらせ渓谷鉄道は国鉄足尾線で足尾銅山の物資を運んでいました。間藤駅から足尾本山までの線路は当時から貨物線でしたが、足尾銅山の閉山と共に廃止、足尾線の貨物列車も無くなって、現在は廃線跡はわたらせ渓谷鉄道の管理になっているようです。足尾本山にテーマパークでもできれば復活するかもしれませんが、なかなか難しいようです。




【廃線跡】

d0080356_17541695.jpg
d0080356_17542641.jpg
d0080356_17545126.jpg
d0080356_17551212.jpg
d0080356_17553134.jpg
d0080356_17553894.jpg
d0080356_17554085.jpg
d0080356_17554414.jpg




探索を終えて、急いで戻ってきた甲斐があって11時半発の臨時列車に間に合いました。駅員さんはいないので列車のアテンダントの尾根遺産から乗車券と整理券を買います。乗車券だけでないのは、特別車両のトロッコ列車だからです。

切符は昔ながらのハサミでパンチを入れるタイプ。今時のレシートでは味気なさすぎですから、これも演出でしょうか。切符には「足尾本山」が印刷されていますね。




【トロッコわっしー2号】

d0080356_17570843.jpg



【切符】

d0080356_17572989.jpg


2両編成で前の車両は普通の車両でクーラーも付いていて快適ですが、せっかくなので後ろのトロッコ車両に席を構えます。最新式の車両ですが、窓は開けっ放しだし座席は木造のベンチタイプでトロッコの雰囲気は満点です。



【車内】

d0080356_17580861.jpg
d0080356_17581162.jpg



車内でお弁当を買って食べたり、途中駅のホームで立ち売りのおばさんからアイスを買ったり、観光気分が盛り上がります。列車は途中沿線の名所では徐行運転をしてくれてアテンダントの解説がついたり、トンネル内では車内のイルミネーションで楽しませてくれます。赤系のイルミネーションでは車内がピンク色になって何ともいかがわしい雰囲気になるのはご愛嬌ですが。



【トロッコ弁当】

d0080356_17584146.jpg


【醤油アイス】

d0080356_17590738.jpg

【車窓】

d0080356_17595795.jpg



トロッコ列車を狙って乗りに来たわけではないのですが、思いがけずに乗れて観光気分が盛り上がり、何より窓ガラスがない車両で自然の風に当たるのが心地よかったです。





終点の桐生に着いて、JRの両毛線に乗り換えて高崎に向かいます。こちらも絶滅危惧種の国鉄型115系に乗れたので、ただの移動ですが楽しめました。次に来る頃にはもう廃車になっているかもしれません。



高崎からも各駅停車ですが東京までグリーン車をおごって観光気分で帰ってきました。



【国鉄型115系】

d0080356_18002878.jpg





おまけ

【グリーン車1Fの視界】

d0080356_18012214.jpg


見上げればスカートの中を覗けそうな高さです。

不可抗力ですから、女性のみなさんはグリーン車1階の乗客に白い目を向けないようにお願いします。



























[PR]
# by compact-pussycat | 2016-09-07 18:06 | 鉄分

近江鉄道

悪友T氏との旅行2日目。

汐見橋駅の後は彦根に泊まって、月いちで開催されている近江鉄道ミュージアム鉄道資料館に行きます。

どっちかというとこっちが本番です。




開館まで時間があるので悪友T氏の趣味におつきあい。

彦根駅近くのセメント工場への廃線跡を探しますが、結婚式場とショッピングセンターに変貌していてさすがに痕跡なし。夏の日差しにやられただけでした(>_<)




まだ時間があるので近江鉄道1日フリー切符を買って多賀大社前駅に行きます。

ですが目的はやっぱり廃線跡 (´Д` )

「滋賀づくり」を作っているキリンビール滋賀工場への廃線跡探しです。



ここはちゃんと痕跡が残っていました。


d0080356_18141168.png
d0080356_18142763.jpg


廃線跡見学が終わって今度こそ多賀大社です。

d0080356_18152214.jpg

お祭りがあるらしく、氏子さん達が準備で忙しそうでした。

お参りしておみくじと交通安全のお守りを買いました。

このところ神社に行くたびに交通安全のお守りを買っています。神様が喧嘩しないかしら。



おみくじは小吉でしたがなかなか良いことが書いてありました。

d0080356_18161179.jpg

さて、駅に戻って彦根に戻ります。

途中の高宮の駅で乗り換え。跨線橋は無くて地下通路でもなくて構内踏切。今ではこんな駅はなかなか無いです。なかなかいい味だしてますよね。

d0080356_18165854.jpg
d0080356_18171088.jpg

彦根駅に戻って、目的の近江鉄道ミュージアム鉄道資料館です。

もうボロボロですが廃線になった引き込み線からの貨車を引いていた古い機関車が展示してあったり、

d0080356_18181112.jpg

こんなマスコットがいたりします。

d0080356_18184051.jpg

興味を引いたのがこれ。

d0080356_18191468.jpg


空気バネだしクーラーついてるし、見た目は新しそうに見えますが、中身は旧型の部品の寄せ集めで、モーターは戦前に設計されたもの、4号機に至っては大正3年製の台枠というとんでもない車両です。さすがに台枠が老朽化したとして国土交通省の監査を受けて20153月で旅客営業は終了してしまいました。



近江鉄道線

d0080356_18204159.png

見学が終わって、フリー切符もあるし、せっかくなので貴生川まで行ってみることにしました。

乗っていて思い出したのですが、聖地として一部に有名な旧豊郷小学校がこの近くでした。

一度行ってみたいと思っていたんですけど。残念。

d0080356_18213661.png

画像はネットからの借り物です。




d0080356_18271977.jpg


貴生川で食事でもと思ったら駅前に何もなし(T_T)

フリー切符なので米原まで戻って東京に帰ろうということになりましたが、途中八日町で電車が止まってしまいました。線路支障だそうです。この暑さでレールが歪んだのでしょうか。



当分動かないというので、予定を変更して近江八幡行きに乗り換えます。

ちょうど近江鉄道120周年で移籍前の西武線の塗装に復元した車両が停まっていました。

d0080356_18222325.jpg

近江八幡からはJRで。

米原から新幹線です。

d0080356_18222786.jpg

新幹線って早いですねぇ(爆

名古屋で一本落として名古屋始発のこだまで帰京。

のぞみにはバンバン抜かれますが、ガラガラで快適でした(笑














[PR]
# by compact-pussycat | 2016-08-17 18:25 | 鉄分

南海汐見橋駅

悪友T氏との旅行再び(笑
先日、難波まで出かけたので、わがままを言って汐見橋駅に寄ってきました。


d0080356_19365027.png



南海電鉄の路線といえば和歌山に向かう南海本線と高野山に向かう高野線がありますが、汐見橋駅は高野線の起点の駅です。高野山に行く時に南海で行ったけど難波駅から乗ったよと言う人は正解です。高野線の電車は難波駅から出ています。汐見橋駅から高野山へ電車が出ていたのは過去の話。今や汐見橋駅は区間運転の支線でいつ廃止になってもおかしくないような都会の中の秘境駅なのです。


d0080356_1934537.jpg

d0080356_19341344.jpg

d0080356_19342234.jpg

d0080356_19343052.jpg

d0080356_19343854.jpg



岸里玉出駅まで完乗して、新今宮駅まで戻ってきました。
南海電車は日頃使うことがないので面白かったです。


d0080356_1935461.jpg

d0080356_19351345.jpg



10年15年前に難波に来た時に来ようと思っていましたが、その時は雨で諦めてしまいました。その時のリベンジが叶ってようやく行くことができました。
地下鉄なにわ筋線ができた暁には汐見橋線を使って乗り入れをするという噂もありますので、頑張って残って欲しいと思います。
[PR]
# by compact-pussycat | 2016-08-07 19:42 | 鉄分

小さな鉄道の小さなお祭り

今日は朝から悪友T氏とお出かけです。

東京駅から発車する数少ない在来線の特急、「踊り子」に乗ります。
改造で椅子が変わったとはいえ、国鉄時代から今も変わらない車両です。
d0080356_1612144.jpg



当時の塗装に戻された斜めストライプが良いですね。デビュー当時は国鉄にしては斬新と言われたものです。
d0080356_1615060.jpg



指定席は満席ということで自由席に。
出発の1時間前からホームで並んだおかげで座ることができました。
d0080356_1623431.jpg



踊り子というと下田に向かう特急ですが、実は熱海で別れて修善寺に行くのがあります。今日の目的のその1はその修善寺行きに乗ってみよう、というわけです。昼間の東海道線を特急で走るのもあまりできない体験です。

三島から伊豆箱根鉄道に乗り入れて修善寺へ。
d0080356_163543.jpg



修善寺といえば温泉ですが、次があるので風呂にも入らず折り返します。滞在20分(笑)
三島に戻って吉原へ。吉原遊郭じゃないですよ。吉原駅は静岡県富士市にあります。

吉原駅から岳南鉄道という小さな小さな鉄道が出ています。
d0080356_1633229.jpg



今日の目的のその2はこれ。
d0080356_1642644.jpg



小さな小さな鉄道の小さな小さなお祭りです。
小さな子供達が多くて良い催しだと思いました。
d0080356_165264.jpg

d0080356_1651156.jpg

d0080356_1652677.jpg

d0080356_1654223.jpg


d0080356_166216.jpg

d0080356_1661038.jpg



鉄っちゃん的にはこんな写真を撮りまして退散します。
d0080356_1664056.jpg



帰り道、沼津駅で下車して沼津港で食事にしました。
もうお昼時は過ぎて夕方になろうという時間なのに人気店はこんな感じ。
d0080356_167569.jpg



鉄火丼を食べました。
奥のは待ちきれなくて先に頼んだ鯵のたたき(食べかけですいません)
d0080356_168292.jpg



この鉄火丼が曲者で上げ底のためのご飯が半端ない量で(笑)
三分の一ほどご飯を残してしまいました。


今日は暖かくなるという天気予報の尾根遺産を信じて薄い上着を着てきたのですが寒かったです。ちっとも暖かくありませんでした。沼津港では雨も降ってきましたし。


沼津駅に戻って普通列車のグリーン車で帰京。
せっかく東京に来たのだからと、ヨドバシアキバに寄りました。



たまの電車旅もいいものですね。
しかし疲れました。(^^;)
[PR]
# by compact-pussycat | 2016-03-21 16:09 | 鉄分

叔父さん

珍しく日曜日が休みだった先日。


叔父さんが倒れたというので病院に行ってきました。
倒れたのは幾分前で大変な時期は越えたようでしたので、遅ればせながらお見舞いです。


30年くらい会っていなかった叔父さんは面影はあるものの肉も落ちてすっかりお爺さんになっていました。眼も悪くなっているようで、不義理な甥(私)のことがわかったかどうか(苦笑)
まだ手術とリハビリが必要なようで退院には時間がかかるみたいですが、本人は食欲も出てきたようで、食事がおかゆからご飯になったと喜んでいました。


独身だった叔父さんを伯父、叔母が世話を焼いていましたが、なにぶん田舎から出てこないといけないので、東京に出てきているいとこ(叔母の息子)が叔父さんの世話やら病院との対応やら納税の関係やらいっさいがっさいを行っていて頭が下がりました。


自分もいつまで仕事ができるのかわかりませんし、20年後、30年後には頼れる身内もいないでしょう。それまで奥さんを養って生活しなければいけないですし、叔父さんくらいの歳になった時にどうしているのやら。



「なんでこんなになったんだろう。なんにも残せなかったよ」と叔父さんが呂律の回らない口で悔しがったいたのを聞いて、身につまされる思いがしました。
[PR]
# by compact-pussycat | 2016-02-08 12:28 | 雑感